【2018年】ヨーロッパ旅行はプリペイドSIMを使おう

ちょっとヨーロッパ旅行に行って来ましたので、その時に使った通信環境について掲載したいと思います

今回行った先はイギリスとフランスです。国をまたいでいるのでSIMカードってどうなるのかな~と思いましたが、結構簡単にクリア出来ました

私が今回持って行ったSIMカードはこちらです

Amazonの説明にイギリスその他ヨーロッパ各国と書いてあったので、とりあえず信じて持っていきました

まず最初に行ったのはイギリスでした

イギリスで開通作業

前回の記事でも掲載していますが、私が使用しているスマートフォンはXperia XZ1 Compact(Android 8.0)です。SIMカードを交換すると、結構自動的にAPN設定をしてくれます

ブラウザを開くと、以下のページが自動的に開きます

Registerを選択すると、個人情報の入力画面が表示されますが、無視してActivateを押せば通信できるようになります

ちなみにRegisterをしておけば、通信が出来ない地下鉄でもプロバイダ提供の無料Wi-Fiを使えるようですが、今回は私は使用しませんでした

通信が確立されたので、早速速度測定を実施すると・・・

まさかの144Mbpsという爆速。テザリングもできるので、他の端末でも高速な通信を行えます

無事に開通が出来てよかったよかったというところで、APNの設定でも載せようと思います

通信エリアは、結構広く、ストーンヘンジ付近でもなんとか3Gで繋がっていました。都市部であればLTEで繋がります

ユーロスターでフランスへ移動

イギリスからフランスへの移動はユーロスターでした。大変快適でした

さて、イギリス圏からフランス圏へ入ると、以下のメッセージが飛んできました

このメッセージが来ても特に何かをする必要はありませんでした

ただ、唯一変更をしたのはローミング設定でした。ローミングをONにしないと、フランス圏に入ると通信が出来ません

早速フランスでも速度測定という事で、ユーロスターの中で測定してみました

まぁまぁその速度が出ています

続いてフランス都市部での速度測定です

こちらでも安定の爆速でした

今回は10日ほどの旅行でしたが、5GB使用可能なプリペイドSIMで実際に使ったのは2.5GB程度でした

安全をみて5GB程度持って行った方が、何かと苦労しなくて良いのではないかなと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする