Wowzaを使って配信しよう-⑦WowzaPlayer編-

昨年末ごろからWowzaがプレイヤーの提供も開始しました。

https://www.wowza.com/products/player

以前の記事でHTML5なプレイヤーについて触れましたが、WowzaからもHTML5のプレイヤーが登場したので益々加速しそうな雰囲気です

実際に使ってみましたのでレビューしていきたいと思います

上記のリンク先からアクセスし、Get Wowza Playerをクリックします

すると、ログインを求められますのでWowzaのライセンスを購入した際に使用したログイン情報を入力します

勘の鋭い方はお分かりだと思いますが、このプレイヤーはWowzaの契約をしている人向けに提供されているプレイヤーだという事です。つまり無償で使えるようなものではありません

ログイン後はシンプルな設定画面が表示されます

ライセンスキーのところにはプレイヤー用にジェネレートされるライセンスキーが自動的に表示されました

Stream Sourceの部分には、m3u8のパスを記入します

最初はHTTPSのパスで入力しないと怒られますが、注意のポップアップと共にHTTPのURIも入力出来るようになります

細かい設定は省略しますが、一般的に配信に必要だと言われる設定は網羅されていたと思います。再生自動開始とか、ループ再生させるとか、再生前に静止画表示しとくとか・・・等

一通り設定したら、プレビュー画面で映像がちゃんと再生されるかの確認してから、Get Embed Codeをクリックしましょう

こんな感じでHTMLに貼り付けるコードが自動的に生成されます。JWPlayerとかその他プレイヤーでもよくある親切機能ですね

貼り付け後のお楽しみ機能として、気持ち程度のアナリティクス機能もありました

無いよりは面白いかな?という感じですが、意外と便利かもしれません

というわけで、ここまでWowza Playerを見てきました。特に細かい事をしないのであれば、十分に性能を発揮出来るプレイヤーだと思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする