Xperia Z3 Compact (D5833)をroot付きでAndroid 6.0.1

私の愛用スマートフォンであるXperia Z3Compact(D5833)をroot付きのAndroid 6.0.1にしました

D5833と書いてますが、記事の中にあるダウンロードリンクからはD5803の6.0.1もDL可能なので、たぶんD5803でも出来ると思います

root checkerで見た時のスクショです

Android 6.0.1でrootが取れているのが分かります
Screenshot_20160508-110641

ついでにxposedも入れました

Screenshot_20160508-110751

バージョンは3.0のα4です(xposed ダウンロードリンク:http://forum.xda-developers.com/attachment.php?attachmentid=3383776&d=1435601440

xposedに使用したフレームワークは、v81を使用しました(framework ダウンロードリンク:http://dl-xda.xposed.info/framework/sdk23/arm/xposed-v81-sdk23-arm.zip

xposedのフレームワークは、もっと最新版が出ていますが、これ以外を入れると次回再起動時にフレームワークが読み込めませんのエラーをxposedが吐き出すようになりました

なおbootloaderはunlockしていません(高画質モードがいるので、大丈夫だと思う)

Screenshot_20160508-120609

私の場合はKitka(4.4.4)からMarshmallow(6.0.1)にバージョンアップしましたが、その際に私の行った手順は以下の通りです

Marshmallowになる、その前に

Titanium Backupを持っている人は、事前に全てのアプリケーションをバックアップしてください。吹っ飛んだ時用のリカバリという意味もありますが、Marshmallowにバージョンアップした際に、現在の状態を復元してくれます。必須作業ではありませんが、やっておいた方が後々の為に良いと思います。

また、この方法ではTWRPを使用してzipファイルからバージョンアップを行います。TWRPについてはググれば出てくると思うので割愛。

バージョンアップには2通りがある

現在の状態を維持したまま6.0.1になる方法と、一度クリーンな6.0.1にしてからTitaniumでアプリを復元する方法の2パターンが存在します

当然、前者の現状維持の方が楽なわけですが、私はこれでハマり、結局後者を選択しました

現状維持で6.0.1にバージョンアップする場合の注意点

私の失敗を踏まえ、注意するべき点をまとめました

  1. Link2SDを使用してアプリケーションやデータを外部SDカードに移動している場合は、全部端末に戻す
  2. xposedがインストールされている場合は、事前に削除しておく

とにかく1のLink2SDの件が超重要です

Kitkatの時とMarshmallowだと外部SDカードの読み込みの際のパスが全く違います

その為、何も対策を実施せずにそのままバージョンアップすると、Link2SDでリンクしたようなファイル類は全く読み込め無くなります

例えばChromeブラウザを開こうとしても、アプリが無いという風にOS側で認識されてしまい、改めてPlay Storeからダウンロードしようとしても、エラーでインストールする事が出来ません

これがリンクで移動させた全てのファイルで発生します。この症状はLink2SDを削除したり再インストールしても直らない症状です。

こうなってしまうと、元のKitkatまで戻さないとダメでした

2のxposedも重要です

xposed使ってない人にはどうでもいい話ですが、xposedにゴリゴリで頼っている私には重要でした

古いxposedが入ったままだと、6.0.1に上げた際に邪魔になるだけなので、予め削除しておきましょう

Titaniumでバージョンアップする場合の注意点

先に書いた通りですが、アプリのバージョンアップを行っておきましょう

クリーンでOSインストールになるので、それ以外は特にありません

ここまでの注意点等を良く読んだ上で、以下の操作を実施してください

あと、よくそこらのブログでも書かれてる事ですがroot化やカスタムROM等の改変行為は、完全に自己責任です。壊れたら諦めましょう

PreRootedなzipファイルをリカバリからインストール

現状維持したままバージョンアップする場合は、以下のリンク先からダウンロードしたzipファイルをリカバリからインストールするだけで完了です

[D58XX] [5.x/6.x] Pre-Rooted Firmwares-Recovery-SuperSU

http://forum.xda-developers.com/z3-compact/development/d5833-lollipop-pre-rooted-xzdr-2-8-14-t3091372

ダウンロードしたD5833 23.5.A.0.570 Pre Rooted – Xposed.zipファイルを、端末のルートディレクトリに置きましょう

外部SDカードではなく、ルートディレクトリをオススメします

置いたら再起動してSonyロゴでボリュームの下ボタン押してリカバリに突入してinstallからzip選択してしばらく待っておしまいです

現状維持のバージョンアップに失敗した場合

現状維持バージョンアップを行ったが、何かしらの問題が発生してダメだった場合の救済措置です

この方法を行うと、OSのクリーンインストールを実施する事になります

  1. FlashToolで23.2.A.1.62以下のOSにダウングレードを実施。ROMは頑張って探してください(端末をUSBデバッグモードにしてからfasbootモードで接続)
  2. ダウングレードしたOSをroot化 (rootkit:http://cubeundcube.blogspot.jp/2015/09/xperiarootzz1z2z3.html?m=1)(端末をUSBデバッグモードにして接続)
  3. XZDualRecoveryを導入し、TWRPでリカバリ出来る状態に復元 (XZDualRecoveryを:http://nut.xperia-files.com/path/XZDualRecovery/XZDualRecovery_2.8.26)(端末をUSBデバッグモードにして接続)
  4. 上記のMarshmallow化に必要なzipファイルをダウンロードして、再起動後にリカバリからinstall。既に手元にある場合は不要(http://forum.xda-developers.com/z3-compact/development/d5833-lollipop-pre-rooted-xzdr-2-8-14-t3091372

上記手順で行えます

それでは良いMarshmallowライフを

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする