DisplayPort向けのKVMを導入してみた

いい加減、DVIから卒業したいのでDisplayPort向けの製品を探してみました

探してみて分かった事ですが、DisplayPort向けのKVMでは良い製品というのがかなり少ないという事。軽く検索してもヒットするのは1~2社程度という酷さ・・・

というのも、一回Amazonで良さげなのを買ってみたのですが、掲載されているスペック通りには表示してくれない製品を掴んでしまい、返品をしました(正直面倒だった)

そこで、海外のサイトを巡ってこれなら大丈夫!という製品を探し回り、ようやく見つけました

5万弱・・・正直高いです・・・

というわけで、海外から直接買えないかと思い調べたところ、どうやら日本で展開しているらしく、普通に見積もり出してもらって買えました

https://www.blackbox.co.jp/ja-jp/fi/1433/12710/DT-DisplayPort-KVM(USB)

本店から直接買えば、3.5万円でした

こいつをエイヤで買い、2560×1440の60Hzで接続してモニターに表示してみたところ、見事に2560×1440の60Hzで表示出来ました

4台繋いで全部切り替えに問題無し!素晴らしい!(切り替えた瞬間に少しだけ黒みが入ります。デジタルの宿命ですが)

最後に思い出したのは、このメーカーってそういえばNABShowに出展してたなぁという事。やっぱり展示会に出してるメーカーって大事ですねと思いましたとさ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする