ASUSTORのNASを購入した話

ReadyNASがそろそろ性能的に追いつかないので新しいNASを検討した話

QnapとかSynologyとか、色々と検討したけど、結果としてAsustorというメーカーのNASを購入しました

何で買ったかというと、リードライト速度が値段の割に高速だからという点に尽きます

メーカーのホームページはこちら

https://www.asustor.com/ja/product/AS3102T?p_id=44

リードライト100MB/s超えで3万切ってるNASって中々無いと思います

というか、有名メーカーだと皆無。つまりかなりの優秀さを誇るという事です。値段の割に

ASUSTORってどこメーカーよ?

実はASUSのNAS開発専属部隊がASUSTORなのです

こう聞くと、途端に信頼性出てきますよね。ブランド力って凄い

というわけで、名も無い怪しい中国メーカーとかではございません

どういう事が出来るのか

昨今のNAS事情を紐解くと、以下のような事がNASに求められています

・スマホで撮った写真や動画を保存したい

・保存した動画や写真をどこでも開けるようにしたい

・Webブラウザ越しに簡単操作

・高速な読み書き性能

・低消費電力で安定稼働

あとついでとして以下のような附帯機能

・動画のトランスコード

・動画配信機能(HLSで吐き出すだけ)

・FTPのようなファイル転送機能

・クラウドストレージへのスケジュールバックアップ

附帯機能については、必要の無い人もいると思います。SOHOとかで求められる機能かな?

今挙げた機能や性能については、今回紹介しているNASで全て補えます

まるでASUSTORの回し者のような感じですが、事実なので仕方ないです

総評

上記機能を求めているという人は、買いでしょう

ただし、Webページ上の表現で一部偽りがあります。というかこれって景品表示法違反だと思うぞ・・・

それはメーカーページ内の以下の部分です

先程紹介した附帯機能の一つである動画のトランスコード機能です。LooksGoodという名前で動画のトランスコードを行っています

ここを読んでいると、10倍速で変換という風に読み取れますよね。でもこれ、実際にはこんな速度出ません。実際に以下の動画で変換してみました

1920x1080i59.94のMPEG2のMPEG2-TSファイル

1280x720p29.97のH.264のMP4ファイルに変換

してみましたが、20fps程度しか変換速度が出ません

なんでかなー?と思い、中身をSSHで接続して解析したところ、単純にffmpeg叩いて実行してるだけでした。しかもIntelQSVではなく、ただの”h264”コーデック・・・そりゃ速度出ませんでしょう

つーわけで、勝手にスクリプトを上書きしてIntelQSVで実行するようにしてみたけど全く無反応。つまりIntel-Media-SDK/MediaSDKが有効になってないという事です。これ有効にしないで10倍速は無理じゃないかね・・・

メーカー側で公開してる以下のトランスコード対応表でも注記2で出来るっぽい事書いちゃってるし・・・

  1. ハードウェアトランスコードを備えたモデル: AS3/31/32/50/51/61/62/63/64/70

とりあえずメーカーサポートに問い合わせしてIntel QSVが効いてないんじゃないの?と聞いてみたところ、開発陣に連絡するとの回答を貰えただけで未だに実装されません

この機能を求めて買うという人は要注意です。つーか、もしかしてじゃなくて普通に景品表示法違反だよね

ここ以外はホントに優秀なメーカーですけども

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする