我が家のBraswell

自宅の通常用途ではBrasewellのファンレスマシンを使用しています

無駄に高性能なPCは電気代食うだけなので、ゲームやるとかの時ぐらいしか最近はお声がかかりません

閑話休題

自宅のBraswellにはQSVが搭載されているので、動画ファイルの再生とか変換とかをハードウェア側で処理してくれます

4Kの動画を再生してもコマ落ち無く再生出来たので、なかなか優秀です

QSVで動画ファイルを変換する際には色々とツールがある(ffmpegのHWモデルとかAviUtlの拡張機能とか)わけですが、よく使うのはAviUtlでしょうか

rigaya氏が日々更新を行っている拡張出力機能は安定しているので、使う時はこれ一択という感じです

で、なんでQSVの話なのかと言うと、良くAPIのバージョンがーってなってる人がおります

私もその一人なわけですが、以前にAPI v1.16からAPI v1.17に上がった時の事を思い出しました

結論から言うと、Windows7の状態ではAPI v1.16だったのが、Windows10に上げただけでAPI v1.17になっていました

結構色々と探して行き着いた結果がこれだった時はマジカーとなりましたが、困っている方はWindows10を検討されてみてもいいんじゃないでしょうか

APIが上がれば出来る事が増えてますので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする