Beebox-S 7100U/B/BBの熱暴走

勇んで購入したBeebox-S 7100U/B/BBですが、どうにも熱暴走で強制停止を食らう模様

何度も動画の再生中に強制停止するので、何かおかしいと思って筐体を触ると超熱い

これは異常だと思い、HDDやCPUの温度を測定してくれるソフトウェアで検査したところ、M2のSSDが83度でCPUが70度超えという自体。。。

そりゃー加熱制御で止まりますよねという温度である意味納得

これまで冬だったので室内の気温で冷えていたのだろうけど、最近急に暑くなってきたので冷え切らない状態になっていた模様・・・

原因を色々と探った結果、内蔵のHDDがエアーフローの邪魔をしていたという事が発覚

せっかく内蔵HDDが1基追加出来ますという売り文句だっただけに、ちょっと構造的に甘いんじゃないの?という苛立ちもありつつ、とりあえず外してみたところ熱暴走がパタリと止んだ

今ではM2のSSDも65度、CPUも50度と落ち着きようやく安心して動かせそうです

ちなみに、内蔵していたHDDは勿体無いので外付けHDD化するキットでUSB3.0接続で使用しています。こちらです↓

これから本格的な夏になるので、また熱暴走するような時はSSDのヒートシンクを考えないといけません・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする