AUKEY PA-T15 ( Quick Charge 3.0対応 )を買ってみました

急速充電用にAnkerの5ポートを持っていますが、QuickCharge3.0の誘惑に勝てず、AUKEY PA-T15をついに購入・・・

元々持っていたのはこれ↓

Ankerの5ポートでも正直言って十分な性能です
ですが、新しい物がリリースされれば気になる!それが性というもの

QuickCharge3.0は、まだ製品がそんなに豊富では無い印象です
特に複数ポートで!となると現時点皆無でしょう(あったらごめんなさい)

個人的に便利そうだなーと思うのはこういうの↓でしょうか

ただ残念ながら私はバイク乗りなので、シガーソケットタイプとはご縁が無さそうな感じです

さて、それではAUKEY PA-T15を見ていきたいと思います

まずは外箱

DSC_2496

8インチのZenpadよりも小さい外箱でした。とても軽いので、Amazonから届いた箱の中身が空かと思いました

開封していきます

DSC_2497

中にはAUKEYと刻印された本体にUSBケーブルx1とメガネタイプの電源ケーブルx1

あとは保証書と説明書でした

背面の説明文をチェック

DSC_2498

RoHSとPSEに対応しています

QuickCharge3.0の場合は、3.6~6.5Vで3A

QuickCharge2.0の場合は5Vで7.2A(各ポート2.4A)と書いてあります

が、ここでちょっと注意なのが接続数に応じて出力アンペアが変わっているというところ

6.5V~9Vまでは2Aで出力し、9V~12Vの場合は1.5A(MAX)とあります

つまり、QuickCharge2.0(5V)の端末とQuickCharge3.0(3.6V)の端末を繋いだら、合計で8.6V~となるので、2Aしか出ないという計算に・・・

まぁ・・・安いし爆速で充電する時にQuickCharge3.0を使うでいいかなぁ、という感じになりそう

その他の写真はこちら↓

DSC_2500

側面はテカテカしてます

ホコリがつくと結構目立ちそう。買うなら白が良かったかも・・・。あと、とても軽く、プラスチックがややチープな感じです

DSC_2499

QuickCharge3.0だけオレンジ色で、その他は緑色です

スマホを接続した時は特にLEDが光ったりとかはありません

また、チャージしている時の音は耳を近づけてようやく小さな音で「サー」という音が聞こえるくらいなので、かなり静かです

この値段帯でQuickCharge3.0に対応している製品としては手頃で良い製品だと思います

いち早くQuickCharge3.0を試してみたいけど、1ポートだけの製品は買いたくない!という方にオススメです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする